学会誌(Asian Pacific Journal of Disease Management)

創刊の辞  (日本ヘルスサポート学会理事長 田中 滋)pdficon_small

1. 日本ヘルスサポート学会設立の背景
1.1 ヘルスサポートに対するニーズの増大
わたしたちの生活の質を保ち、健康寿命を延ばすことの価値に異論はあるまい。そのために は、生活習慣病の発症予防と要介護状態の予防、および疾病ないし要介護状態の悪化防止が
不可欠である。一方、そのために用いられる科学と技術の水準はどうか。医学等の諸科学も、 それを用いる医療システムも、50 年前どころか、25 年前、10 年前と比べた進歩は著しい。

tsuzukibtn

☆学会誌へのご投稿・お問い合わせ先:日本ヘルスサポート学会事務局(jshss@mynavi.jp)

最新号のご案内

Asian Pacific Journal of Disease management
Volume 6 Number 3-4 October 2012

本文は、PDFで閲覧できます。
また、書籍事項も閲覧できます。

【Reviews】

Shinya Matsuda, Kenji Fujimori
The Claim Database in Japan

本文PDF書籍事項

【Originals】

Analysis of Disease Structure for the Regional Health Care Plan Based on the National Database

Shinya Matsuda, Kenji Fujimori

本文PDF書籍事項

【Originals】

Analysis of Health Care Region for Psychiatric Care Based on the National Database

Shinya Matsuda, Kenji Fujimori

本文PDF書籍事項

【Short Communications】

Ecological Analysis of Factors Associated with Mortality of Cerebral Infarction in Japan

Genki Murakami, Keiji Muramatsu, Kenshi Hayashida, Kenji Fijimori, Shinya Matsuda

本文PDF書籍事項